2016年 マサカネ一座公演 米倉斉加年の『絵のない絵本』 テルミ脚本

2016年 マサカネ一座公演 米倉斉加年の『絵のない絵本』 テルミ脚本

販売価格: 3,704円(税別)

(税込価格: 4,000円)

マサカネ一座 2016年 夏・公演

米倉斉加年の 『絵のない絵本』 テルミ・脚本 


原案・原作

『絵のない絵本』 (新潮文庫 刊)

アンデルセン 著 矢崎源九郎 訳



音楽  田村 洋


米倉斉加年の演劇人生は
絵のない絵本 に始まり
絵のない絵本 に終わりました。

放浪の詩人アンデルセン   米倉斉加年


アンデルセンを知らない人はいないだろう。しかしアンデルセンを知っている人は多くはない。

私たちは童話作家としてのアンデルセンに親しいがアンデルセンの言葉は童話にとどまらずに深い――放浪の詩人アンデルセン――。

戦争中に食糧が欠乏し、口に入るものならなんでも口に入れた。しかし生命を支えるのは、無害ならばいいと言うわけでもない。栄養豊かでなければならない。

私の幼ない弟はミルクがなくて栄養失調で死んだ。体が食で支えられるように、心は言葉で支えられる。


食が栄養豊かでなければならないように、言葉も美しい言葉でなければ生命は支えられない。美しい言葉とはゴマカシのないイイカエのないウソをつかないマッスグな言葉だ。つまり、戦争をしない、人間が生きるための言葉である。

戦争中は言論の自由は封じられた。自由な言葉は禁じられ、自由な思想は弾圧されて多くの人が亡くなった。

テルミも私も子どもの頃は戦争中だった。

今、子どもの頃出会ったアンデルセンを訪ねて言葉の旅に出る。

人間が生きるためにある美しい言葉を求めて――。

2014年夏


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



今から六十年前、米倉斉加年は、周囲の人々の反対をふり切って、「演劇」をめざして、故郷福岡から上京致しました。

それは少年アンデルセンが故郷オーデセンからコペンハーゲンへ出発した事に重なり、『絵のない絵本』を同級生の少女は、彼に贈りました。それは、少女から初めての贈り物でした。

或る日、少女は自分が八十才にまもなくなる事を認識しました。同級生の少年も同じ時間を経て来た事を思いました。

少女が『絵のない絵本』を贈った二年後から彼等は一緒に生き始め、六十年の歳月を一緒に生きて来たのでした。

二人は今更に長い歳月を一緒に生活できたことを、半ば驚きと共に喜びました。

「今年の貴方の誕生日にわたしは、アンデルセンの戯曲をプレゼントしようと思う。」彼は否定しませんでした。
喜びもしませんでした。「ふーん」と言う感じでした。

その時から一年余り、「何時できるんだ」と、何度か言われ、ごまかしながら、でも二人はおだやかな時を過ごしていました。

過ぎし日の様な、激しい口論もなく、日は過ぎて行っていました。

米倉テルミ


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



■公演日程■
8月10日(水) 14:00 開演の部 / 19:00 開演の部
8月11日(木・祭)  11:00 開演の部 / 15:00 開演の部

■料金■
4,000円 全席自由

■公演会場■
せんがわ劇場

〒182-0002
東京都調布市仙川町1-21-5
TEL:03-3300-0611

■公演会場へのアクセス■

【電車】
■ 京王線仙川駅より徒歩4分

京王線新宿駅または京王新線新宿駅より仙川駅まで約20分
区間急行、快速、各駅停車が停まります(特急、準特急、急行は停車しません。)


【バス】
■ 「仙川」バス停(甲州街道北側)より徒歩8分:
吉祥寺駅より小田急バス吉03系統
三鷹駅より小田急バス鷹54系統

■ 「仙川駅」バス停より徒歩5分:
井の頭線三鷹台駅より小田急バス仙01系統
調布市コミュニティバス

■ 「仙川駅入り口」バス停(桐朋学園横)より徒歩5分:
成城学園前駅北口より小田急バス成04、成05系統
リンクバス時刻表はこちら


【車・自転車・バイク】
一般用駐車場はございません。車で来場の際には近隣の駐車場をご利用ください。

会場へのアクセスの詳しくは以下をご参照下さい

http://www.sengawa-gekijo.jp/access.html

レビュー

0件のレビュー